\女性にもおすすめ1位/

トップページ

「夫に内緒で借りたい」
「職場にバレたくない」

と心配な方へ。当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど、お借り入れが不安という方にすぐに借りれるレディースローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
女性専用ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスやアコムの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは考えているほど多くありません。

申し込む人の履歴や金額にもよりますし、業者によっても微妙に変わってくるかもしれませんが、写真付きの免許証やパスポートがあったら、大丈夫です。また、融資金額が高額の際はその他の書類の提示を求められるかもしれません。

このように手軽にできる借金ですが、それが有意義につかえるか、無意味に終わるかは、お金を手にする前の心がけ次第とも言えます。貸す側は『収入』を見ますが、毎月の『支出』について把握しているのはあなた自身です。
「これなら大丈夫」と思うような範囲内に借入も返済も抑えることが大事だと思います。具体的なキャッシングカードの入手方法には、申請後自宅への郵送や店舗へ取りに行くなどがありますが、最も早い方法としては近くにある自動契約機から手続きしてください。


自動契約機は夜間でも申し込みを受け付けていますから、仕事や家庭の都合で日中は時間をつくれないという場合でも安心です。予めネット等で申込みを完了させているなら、自動契約機での手続きをパスできるので、すぐに契約を完了し、カードを発行してもらえるでしょう。このように、自動契約機であれば、すぐにカードを入手できますし、その場で現金が必要ならば、自動契約機の隣にあるATMを使って借入金を引き出しましょう。

キャッシングでのお金の受け取り方について説明します。

具体的には、業者から発行してもらったカードを利用してATMから借入することができます。あるいは、ご自分の銀行口座にお金を入れてもらうよう、ネットから申し込んで、都合の良い時にATMに行って現金を引き出すという受け取り方法も人気です。



特に、後者のケースでは、ネット環境さえあれば専用のカードも必要ありませんから、急いでお金を工面する必要があるけれど、銀行のキャッシュカードも持っていない、といった場合にも役に立ちます。

カードローンの審査にもしも落ちてしまったら、どういった理由か頭を働かせましょう。
業者の多くが審査内容にあまり違いはありませんから、何らかの原因があるままでは同じ理由を懸念され審査結果は恐らく変わらないのではないでしょうか。収入額と希望額の差があまりにも大きいことが多くの場合にある為、額を見直し改めて申し込みをしてみるとよいでしょう。



私達が消費者金融でお金を借りるためには審査をクリアせねばなりませんが、判断基準はどの会社かにより一緒ではないそうです。

ということは、相対的に考えると誰でも借りやすい会社が存在しているということになります。ですので、自分の支払い能力に不安を感じていても希望は捨てずに自分と相性のよさそうな会社を見つけ出してください。今、派遣で働いている人でも、キャッシングでお金を借りることができます。やはり、正社員に比べると、審査が厳しくなるので融資できる最大限度額が、少し低くなることが多いです。



しかし、安定した収入を得ているのなら、特に審査で問題視されることはありません。


会社員の在籍確認は勤務先に行われますが、派遣社員のケースは少し違っていて、派遣会社、あるいは働いている会社のどちらかに連絡がいきますが、業者側も、不都合が無いよう配慮してくれますから、ご自身にとって都合の良い方を伝えておくと良いでしょう。
今日は雪がひどくてしんどい一日でした。早朝からずっと雪かきを行っていましたよ。


休みの日だったんだけど、ぐったりと疲れてしまい外出する気にもなれませんでしたし、天候も最悪でしたけどキャッシングの返済をする日だったので自宅で過ごしているわけにもいきません。結局支払いのためせっせと外出です。

さて今月分もちゃんと返すことができたし、また次回のお給料日まで一生懸命働きます。



キャッシングは、お金を貸してくれる金融業者から数万円程度といった生活費に充てるような金額の現金を借りる際に使われることを知っておいてください。借金を貸金業者に依頼しようと思ったときには本人以外にも保証人が必要だったり、土地などの担保も必要になります。

ですが、キャッシングは他のローンなどとは異なり、トラブルになりやすい保証人の依頼や、担保の用意をする時間や手間のかかることはまったく必要ありません。本人だという確認がとれる書類(運転免許証やパスポートなど)があれば、お金を貸してもらえるので非常に便利だと言えます。

消費者金融ごとに審査基準には相違がありますが、大きな消費者金融であれば大きな不一致はありません。

大きな違いがあるとすれば大手ではない消費者金融です。大企業の消費者金融より審査基準が厳格だったりすると誰も大きくはない消費者金融から振込を受けるような事はしないはずです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス