\女性にもおすすめ1位/

トップページ

「夫に内緒で借りたい」
「職場にバレたくない」

と心配な方へ。当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど、お借り入れが不安という方にすぐに借りれるレディースローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
女性専用ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスやアコムの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

キャッシングを利用したいと思ったときには、まずはとにかく審査で問題ないと判断されなくてはなりません。
仕事内容や年収、キャッシング歴の有無などお金に関する詳しい内容を審査されることになるのです。

審査時間が短いということを謳っているような貸金業者ですと半日や一日など待たされることはなく僅か一時間足らずでフィニッシュを迎えることが出来るのですが、申込時に記入した仕事先に籍があるかチェックしてから融資がこの段階で初めてスタートするということですので、申請書の記入ミスなどにも気をつけていく必要があります。カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。

厄介なのは限度額という決まりがあることで、無職であれば一家の収入の、職を持っていれば年間の収入の3分の1を超えることは許されない、というのも収入額に見合わない負債を背負ったために起こる悲劇を未然に防ぐために定められた、総量を規制する法律があるからです。


このことは、カードごとに規制されるというものではなく、会社は色々あると思いますが、いくつ持っていたとしても利用可能額をを合計してその総額が対象になるので、考え落としの無いよう気をつけましょう。
例えば、他の数枚のカードで合計50万円借りていて、一度も返済していない場合、総量規制で設定された額から50万円か、あればそこからの返済済み分を計算して差し引いた分がすぐにわかります。
年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。

キャッシングを利用しているときに職場が変わったら、一刻も早く業者に連絡し、情報を訂正してもらいましょう。もちろん、現住所や電話番号に変更があった時も早急に連絡してください。仕事が変わったからといって、その場でキャッシングができなくなるような対応は取られないので、安心してください。何の連絡もしないまま、後からそのことが業者に伝わった時の方が問題になる可能性が高いので、申請内容に変更が生じた時には、速やかに連絡するようにしましょう。
キャッシングとカードローンは違いがわかりにくいですが、微妙に違います。どのように異なるかというと返済の仕方が違うのです。
キャッシングの際はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品購入後、翌月に一括で返済するという方法をとりますが、カードローンの方は、分割で返済しなければなりませんので、こちらだと利子がつくのです。収入以上のものを手に入れるには、借金がつきものです。しかし最近はウェブやコンビニATMを使えば手軽にお金が借りられるようになりました。
ただ、これが良い結果になるか、悪い結果になるかは、使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。でないと便利さばかりが先行する危険なツールということになってしまいます。



銀行や金融会社の窓口であればこちらの考えが漠然としていても向こうで整理してくれますから、他人(担当者)から見ても無理のないプランニングができそうです。

しかし非対面方式で同じことができるのかは疑問に思います。
対面窓口がいまでもある理由も、わかる気がします。


借金の一種である「キャッシング」とは、消費者金融や銀行などの金融業から大金ではなく、普段使いする程度の額の融資を借り出すということを指しているのです。まず、貸金業者などからの融資を受けるというときにはもし返済が出来なくなったら…ということを想定しての準備が要ります。それが、キャッシングという方法をとるならば他人に保証してもらったり、自宅を借金のカタにするという強制もありませんから、スムーズに手続きしていくことが可能です。
ごく普通に使用している免許証や保険証などを提示すれば、大体の場合、それだけで現金の貸し付けをしてもらうことが出来るのです。キャッシングで24時間いつでもお金が借りれる良さは、忙しくバタバタしているときこそ痛烈に感じられるものでしょう。
私もそうでした。
当時片思いだった先輩も参加するスキー旅行の幹事を仰せつかったのですが、会費を払う余裕がまったく出せない(財布に2000円)状況でした。



キャッシングを思い出すまでは、本気でつらかったです。


スマホにアプロをダウンロードして、当座の資金の確保に成功しました。



結果オーライでしたが、キャッシングがなかったらそうもいかなかったでしょう。

キャッシングの際には審査を受けるのですが、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報などのいくつかの情報を確認されます。これらの全ての情報を確認した上で、申請した人に借入れした分のお金をしっかり返せる実力があるかをみるのです。



もし、申請した内容が虚偽の内容であった場合には審査に通過する事は難しいです。

既に多額の借金がある人や、支払いが滞るなどの経歴がある場合には、残念ながらキャッシングの審査に通る可能性はとても低いです。
このあいだ、旅行先である地方にお伺いした時のことです。

夜遅い時間にコンビニでお金を引き出そうとして出かけたのですが私が利用中の地銀の夜中にキャッシュカードは使用不可でした。



けれども、どうやってもお金が必要でしたのでセディナのクレカでキャッシング機能を使用しました。

悩んでいたのでかなり救われました。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス